事業承継コンサルティング株式会社(03-3527-9033)は、事業承継とM&Aを専門としています。株式評価と会社売却のご相談は無料ですので、お気軽にお電話ください。(当社はM&A仲介ではなくアドバイザーです。)

経営者に役立つ企業経営のノウハウや、事業承継の最新情報を分かりやすく解説します。

事業承継税制(中小企業経営承継円滑化法に基づく非上場株式の納税猶予制度)とは?

事業承継税制とは何か?

事業承継税制とは、中小企業経営承継円滑化法に基づく非上場株式に係る贈与税及び相続税の納税猶予制度のことをいい、中小企業の後継者の方が、現オーナーから会社の非上場株式を承継する際に、相続税、贈与税が納税猶予される制度です(相続:80%分、贈与:100%分の納税猶予)。平成27年度税制改正で事業承継税制が拡充され、中小企業オーナーにとって利用しやすい制度となりました。 

非上場株式等についての贈与税の納税猶予の特例

後継者である受贈者が、贈与により、経済産業大臣の認定を受ける非上場会社の株式等を親族(先代経営者)から全部又は一定以上取得し、その会社を経営していく場合には、その後継者が納付すべき贈与税のうち、その株式等(発行済株式の3分の2まで)に対応する贈与税全額の納税が猶予されます。

【この特例を受けるための要件】

1 会社の主な要件:次の会社のいずれにも該当しないこと。
(1) 上場会社
(2) 中小企業者に該当しない会社(中小企業者の定義は末尾に記載)
(3) 風俗営業会社
(4) 資産管理会社
(5) 総収入金額がゼロの会社、従業員数がゼロの会社


後継者である受贈者の主な要件:贈与の時において、
(1) 会社の代表権を有していること
(2) (後継者の要件は無くなりました。親族外の後継者でも構いません。
(3) 20歳以上であること
(4) 役員等の就任から3年以上を経過していること
(5) 後継者及び後継者と特別の関係がある者で総議決権数の50%超の議決権数を保有し、かつ、これらの者の中で最も多くの議決権数を保有することとなること


先代経営者である贈与者の主な要件
(1) 会社の代表権を有していたこと
(2) 贈与の時までに会社の代表取締役を退任すること(平取締役として留任することはできます。
(3) 贈与の直前において、贈与者及び贈与者と特別の関係がある者で総議決権数の50%超の議決権数を保有し、かつ、後継者を除いたこれらの者の中で最も多くの議決権数を保有していたこと


4 担保提供
納税が猶予される贈与税額及び利子税の額に見合う担保を税務署に提供する必要があります。ただし、特例の適用を受ける非上場株式等のすべてを担保として提供した場合には、納税が猶予される贈与税額及び利子税の額に見合う担保の提供があったものとみなされます。株券を発行していなくても構いません。 


上場株式等についての相続税の納税猶予の特例

後継者が、経済産業大臣の認定を受ける非上場会社の株式等を先代経営者から取得し、その会社を経営していく場合には、その後継者が納付すべき相続税のうち、その株式等(発行済株式の3分の2まで)に係る課税価格の80%に対応する相続税の納税が猶予されます。 

【この特例を受けるための要件】

1 会社の主な要件:次の会社のいずれにも該当しないこと。
(1) 上場会社
(2) 中小企業者に該当しない会社
(3) 風俗営業会社
(4) 資産管理会社
(5) 総収入金額がゼロの会社、従業員数がゼロの会社


2 後継者の主な要件
(1) 相続開始から5か月後において会社の代表権を有していること
(2) (後継者の要件は無くなりました。親族外の後継者でも構いません。
(3) 相続開始の時において、後継者及び後継者と特別の関係がある者で総議決権数の50%超の議決権数を保有し、かつ、これらの者の中で最も多くの議決権数を保有することとなること


3 先代経営者である被相続人の主な要件
(1) 会社の代表権を有していたこと
(2) 相続開始直前において、被相続人及び被相続人と特別の関係がある者で総議決権数の50%超の議決権数を保有し、かつ、後継者を除いたこれらの者の中で最も多くの議決権数を保有していたこと


4 担保提供
納税が猶予される相続税額及び利子税の額に見合う担保を税務署に提供する必要があります。ただし、特例の適用を受ける非上場株式等のすべてを担保として提供した場合には、納税が猶予される相続税額及び利子税の額に見合う担保の提供があったものとみなされます株券を発行していなくても構いません。 


 平成25年度改正の内容

平成21年に創設された事業承継税制ですが、5年間は厳しい『適用要件』を満たしている必要があったため、この『適用要件』の厳しさゆえに認定件数は平成24年9月までの4年間で549件(相続381件、贈与168件)に留まっていました。

すなわち、現行の事業承継税制の適用を受けるためには、相続開始前に一度、経済産業大臣の「確認」を受け、相続開始後に「認定」を受ける必要がありました。そして、5年間は「親族の後継者が代表を継続、先代経営者は役員を退任、雇用の8割以上を毎年維持」するなどの『適用要件』が義務づけられており、これが満たせなくなると納税猶予は打ち切りとなって猶予されていた税額に利子税も加えて納めなければならないという厳しいものでした。

そこで、平成27年から事業承継税制が拡充され、中小企業オーナーにとって利用しやすい制度となりました。

(1)事前確認の廃止
従来は、制度利用の前に経済産業大臣の事前確認を受ける必要がありましたが、平成25年4月から不要になり、事務手続きが簡素化されました。


(2)親族外承継の対象化
従来は、制度の対象となる後継者は現オーナーの親族に限定されていましたが、平成27年1月から親族外の人を後継者とすることも可能となり、幅広い人材から適任者を選ぶことができるようになりました。


(3)雇用8割維持要件の緩和
従来は、雇用の8割以上を5年間「毎年」維持することが要件として課されていましたが、平成27年1月から5年間「平均」維持するという要件に緩和されることとなり、景気悪化による一時的なリストラも実行可能となりました。


(4)納税猶予打ち切りリスクの緩和
従来は、要件を満たせず納税猶予打ち切りの際は、納税猶予額に加えて利子税の支払いが必要でしたが、平成27年1月からは利子税率が引下げられるとともに(現行2.1%→0.9%)、承継後5年超で5年間の利子税が免除されることとなりました。


また、従来は、相続・贈与から5年後以降は、「後継者の死亡又は会社倒産」により納税が免除されることとされていましたが、平成27年1月からは、「民事更生、会社更生等の事業再生の際にも、納税猶予額が一部免除されることとなりました。

(5)役員退任要件の緩和
従来は、現オーナーは、株式の贈与時に役員を退任することが必要でしたが、平成27年1月からは代表者を退任することのみ必要とされ、有給役員として残留することが可能となりました。これによって、現経営者の信用力を継続して活用することができます。


(6)債務控除方式の変更
従来は、相続時の猶予税額の計算で現オーナーの個人債務・葬式費用を「株式」から控除するため、猶予税額が少なく算出されていましたが、平成27年1月からは現オーナーの個人債務・葬式費用は「株式以外の相続財産」から控除されることとなり、納税猶予がフル活用されることとなりました。


中小企業者とは?

業種分類 中小企業基本法の定義
製造業
その他   
資本金又は出資額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業 資本金又は出資額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業 資本金又は出資額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
サービス業 資本金又は出資額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人


事業承継の相談ができる顧問税理士をお探しの方、事業承継の無料相談をご希望の方は、今すぐ事業承継コンサルティングまでお電話ください。03-3527-9033

コメントを書く

CAPTCHA


一橋大学大学院商学研究科修士課程修了(経営学及び会計学専攻)、監査法人、投資銀行にて多数の事業承継を指導
公認会計士、税理士、中小企業診断士、国際公認投資アナリスト(日本証券アナリスト協会検定会員)
日本公認会計士協会経営研究調査会「事業承継専門部会」委員。

相続税申告、相続生前対策、事業承継のこと、まずはご相談ください。Webからのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

次回セミナー予告

※掲載していないセミナーも多数ございますのでお気軽にお問い合わせください

相続対策完全ガイド

M&Aの最新情報

最新のお知らせ・コラム

事務所概要

事業承継コンサルティング
株式会社

〒103-0027
東京都中央区
日本橋1-7-11
日本橋東ビル6階
TEL:03-3527-9033
受付時間:
平日09:30~18:30

事務所詳細はこちら

岸田康雄の著書

岸田公認会計士税理士事務所のM&Aアドバイザリー業務

相続税申告、相続生前対策、事業承継のこと、まずはご相談ください。03-3527-9033

カテゴリ